膝の痛み・変形性膝関節症・膝痛で足が伸ばせない等を早期改善

〒616-8167 京都市右京区太秦多薮町19-9

膝痛

当院には、「膝の痛み」を抱えた患者様が沢山来院されます。
病院に行ってもなかなかよくならない。人工膝関節の手術を勧められたが手術をしたくない。痛みが止めを飲みたくないなど・・・
膝の痛みに対する治療は、初診の段階でその効果を感じられることが多くあります。
膝が痛くなって何年も経って経ってるから治らないだろう、年だからしょうがない、太っているからしょうがない、軟骨がすり減り膝が変形しているからしょうがない・・・と諦める前に、是非一度ご相談頂ければと思います。

下記のような症状がある場合は当院にご相談下さい。

  • ・ 体重をかけると膝がズキっと痛む。
  • ・ 歩くと膝が痛い。
  • ・ 階段の昇り降りがつらくて手すりを持ってしまう。
  • ・ 動き出しに膝が痛い。
  • ・ 膝が腫れ、変形している。(膝がO脚になってきている)
  • ・ 正座ができない。
  • ・ 膝に水がたまっている。
  • ・ レントゲンを撮ると、軟骨がすり減っていると言われた。
  • ・ 定期的にヒアルロン酸注射を打っているが、なかなか良くならない。
  • ・ 膝が痛くて病院に行くと、これ以上ひどくなったら手術と言われた。

これまでの経験上、膝の痛みの中でも特に、「膝を伸ばすと膝全体にズキっとした痛みが走る」「膝の下に痛みがある」「膝が伸びない」ケースは、膝の伸展制限を改善することで、即座に効果が現れやすく短期間での改善を見込める症状です

痛みのある部位
傷病名
  • 変形性膝関節症
  • 半月板損傷
  • 鵞足炎
  • 腸脛靭帯炎
膝の痛みに対する施術方針

当院ではまずは痛みをとること、膝を気にすることなく日常生活を送れるようにすること最優先に施術を行います。

膝の痛みの施術内容
  • STEP1
    痛みの原因となっている組織を特定します。
    問診・触診などにより、痛みの原因となっている組織を特定します。
    ex)膝蓋下脂肪体、 膝蓋上嚢、膝蓋腱、膝蓋支帯、半月板、膝関節に付着する靭帯、大腿四頭筋、ハムストリングス、縫工筋、腓腹筋 etc...
    痛みの原因となっている組織を特定できなければ、痛みを改善することはできません。
    当院では、ただなんとなくマニュアル通りの治療をするのではなく、痛みの原因となっている組織に合わせた治療を行っていきます。
  • STEP2
    痛みの原因となっている組織に対して、アプローチします。
    痛みの原因となっている組織に対して手技にてアプローチし、痛みの改善を図ります。
    原因となっている組織の炎症の除去、膝の捻じれを解消、柔軟性の改善、滑走不全の改善、関節モビライゼーション、筋膜リリースなどを行います。
    痛みの原因となっている組織へ直接アプローチすることにより、短期間での症状改善を期待することができます。
  • STEP3
    痛みがぶり返さないように施術を行います。
    痛みがある程度改善した後は必要に応じて、骨格・関節の調整+筋肉の調整+血流改善を行い、痛みが再発しないよう施術を行います。
    当院では、骨盤の調整と股関節、膝関節、足関節の調整。そして、足のアーチ(土踏まず)の調整を行うことにより、膝の痛みがぶり返さないよう施術を行います。
保険での施術

保険施術

  1割負担 2割負担 3割負担
初診時 810円迄 1130円迄 1990円迄
2回目以降 150~260円 200~430円 350~690円

※膝が痛くなった日時・原因がはっきりとしている場合は、保険適用が可能となります。ご来院時に保険証をお持ちください。

実費施術

膝の痛みに対してのみの施術

1回 2750円/税込

膝の痛みに対しての施術+全身調整

1回 5500円/税込
膝痛の原因となる組織

膝のトラブルの原因となる組織は、膝周辺の筋肉だけでなく、全身の筋肉までの膝のトラブルの原因となることがあります。
ここには、その原因となる一部の組織を紹介しますので、ご参考下さい。

  • 大腿直筋
  • 内側広筋、外側広筋
  • ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)
  • 膝窩筋
  • 大腿筋膜張筋
  • 腸脛靭帯
  • 半月板
  • 膝蓋下脂肪体
  • 腓腹筋

膝が痛くなる原因

膝には、正座から立ち上がる時には体重の2倍、平坦な道を歩行する時には3~4倍、ジョギングで4~5倍、階段の昇り降りで6~7倍の負荷がかかると言われています。
もともと、股関節と膝には多くの負担がかかる関節となるために痛みがでることが多く、実際変形性股関節症・変形性膝関節症という診断をされている方も多くいらっしゃいます。

もともと膝関節には多くの負荷がかかる関節なので、O脚(がに股)やX脚(うち股)そして、骨盤の歪み、本当にわずかな姿勢不良によっても影響を受けやすく、痛みの出やすい関節でもありますので、当院では逆にわずかな変化でも痛みを改善できる関節であると考えています。

案内地図