ぎっくり腰、寝違い、捻挫の時、冷やす?温める?どっち?

患者様からよく頂く質問で、ぎっくり腰や寝違いそして捻挫の際、冷やせばいいのか?温めればいいのか?わからない・・・という質問があります。

基本的に痛くなってすぐ=冷やす
落ち着いてきたら=温める

と考えて頂ければよいと思います。

「落ち着いてきたら」という表現があいまいですが、
ズキズキと痛む(急性期)=冷やす
痛みが落ち着いてきた(慢性期)=温める
という感じです。

通常なら2~3日は冷やす、それ以降落ち着いてきたら温めるといった感じです。

そこで問題なのが「冷やす方法」です。
冷やす方法を間違えると凍傷などの危険もありますので、正しい方法で冷やすようにして下さい。

◆アイシングの仕方
(1)氷をビニール袋などに入れ、中の空気を抜きしばります。
※もちろん市販のコールドパック等でもかまいません。
(2)痛みのある個所に氷を当て、患部を冷やします。
※直接氷を肌にあてるのではなく、必ずタオル等の上から冷やして下さい。
(3)15~20分患部を冷やします。
※肌の感覚がなくなる前に冷やすのをやめるのが理想的です。
(4)40分程度冷やすのを辞め、再度冷やしはじめます。

以上、ご自宅でアイシングをする際の参考にして下さい。

首や肩の痛みと枕

ここ最近寒かったり暑かったりと寒暖の差が激しく、体調を崩されている方が多くおられるように感じます。
また、インフルエンザも増えてきているようですので、くれぐれもマメに「手洗い」と「うがい」をするようにして下さい。

さてさて、最近患者様からよく枕に関する質問を頂きます。

よく患者様との会話で、首の痛み、肩の痛み、そして寝違えを頻繁にされる場合、枕が合ってないんじゃないですか?と話しをすることがあります。

そこで、どんな枕がいいですか?とよく聞かれますが、正直実際に使ってみないとわかりません。というしかないのですが・・・

ひとつ言えるのは、高い枕を購入しても結構枕ってヘタってくるので、すぐに買い替えになり少しもったいないように感じています。
程よい価格で、自分にあった固さや高さの枕を見つけるのが一番いいのですが、なかなか自分にあった枕を探すのは難しいですよ

そういった場合、一度試して頂きたいのが、枕替わりにバスタオルを丸めて首の後ろに引いて寝てみること。
これは自分にあうと、首や肩の痛み、そしてよく寝違えてたのも寝違えなくなったりと自分でも驚くほどの効果があることがあるようです。

ちなみには私は枕を使っても寝相が悪いようで、すぐに枕から頭が離れてしまうため、どんな枕、バスタオルを使っても同じようです・・・(笑)

京都市右京区太秦のあゆむ整骨院のホームページ