腰痛の不安・痛み

ぎっくり腰、慢性腰痛の当院独自の無痛施術法

ハイボルテージ治療器による鎮痛と腰痛の原因となる関節と筋肉の調整

腰痛に対する当院の治療は、まずは痛みの原因となる筋肉や関節のつきとめ、まずは痛みの原因となる炎症をとり除くことからはじめます。炎症をとりのぞくには、患部のアイシングと同時に瞬間的に筋深部に刺激の少ない高電圧電流を流して鎮痛をはかるハイボルテージ治療を行いますので、ほとんど無痛で治療が可能となります。

鎮痛・消炎後の全体の調整

腰の痛みがある程度よくなったあとは、腰の痛みを繰りかえさないよう、骨格・関節の調整+筋肉の調整+血流改善 そして、体質自体の改善、自律神経の調整を行います。

腰痛・ぎっくり腰の根本治療

当院には、何度も繰り返す重症のぎっくり腰で悩む患者様が沢山来院されています。来院時の痛みを取り除き、痛みのない日常生活を取り戻すことはもちろんですが、その後に腰痛・ぎっくり腰を繰り返さないことが非常に重要となります。当院では、腰痛・ぎっくり腰の根治を目標に施術を行っています。

あゆむ整骨院独自の腰痛治療

以下に当てはまる方は、当院がお役に立てます!

  • 病院でいろんな検査してもらったけど、結局痛み止めの薬を出されるだけという方・・・
  • 腰の痛みで寝返りも辛い。眠りにくかったり、痛みで目が覚める。
  • 「この腰痛と一生付き合っていくしかない・・・」と諦めている。
  • 朝起きたら腰が痛くて動けない。
  • 抱っこや授乳をする際に背中から腰が激痛が走る。
  • 妊娠~産後にかけて腰が痛くて痛みが取れない。
  • 車の運転中、椅子に座っていても痛い。
  • 腰痛のコルセットが手放せない。
  • ズボン・靴下が履けないほどのひどい腰痛。

京都の腰痛、ぎっくり腰当院には、沢山の腰痛患者さんが来院されています。患者様一人一人の痛みの原因を探ってみると、腰痛の原因は、腰にないことが多いことがわかりました。
しかし多くの病院や整骨院、整体院では、「腰が痛い」という患者様の訴えに対し、腰や腰周辺のみに施術を行っているため、施術したその日は痛みが良くなったように感じても、次の日にすぐに痛みが戻ってしまうという、「その場しのぎの施術」を受けてしまっている方が多くいます。
当院では、痛みの出ている箇所のみでなく、痛みの原因となっている箇所への施術も行いますので、これまでどこにいってもよくならなかった腰痛から解放されるようお手伝いさせて頂きます。

急に腰が痛くなった時(ぎっくり腰)の対応方法

朝起きた時、重いものを持った時、腰を曲げた時などに腰が痛くなった場合、いわゆるぎっくり腰(急性腰痛)になった時は、初期の対応によっては悪化したりしますので注意が必要です。
まず、必ずやってほしいこと。それは「冷やすこと(アイシング)」です。
◆アイシングの仕方
(1)氷をビニール袋などに入れ、中の空気を抜きしばります。
※もちろん市販のコールドパック等でもかまいません。
(2)痛みのある個所に氷を当て、患部を冷やします。
※直接氷を肌にあてるのではなく、必ずタオル等の上から冷やして下さい。
(3)15~20分患部を冷やします。
※肌の感覚がなくなる前に冷やすのをやめるのが理想的です。
(4)40分程度冷やすのを辞め、再度冷やしはじめます。

京都で腰痛、ぎっくり腰、慢性腰痛にお悩みの方は、お気軽にお問合せ下さい。

各種保険取り扱い

施術時間のご案内

案内地図

腰痛の原因となる筋肉

腰痛の原因となる筋肉は、腰周辺の筋肉だけでなく、お尻そして脚の筋肉までの腰痛の原因となることがあります。
ここには、腰痛の原因となる一部の筋肉を紹介しますので、ご参考下さい。